真面目に韓国考察(資料編)


 昭和34年7月13日の朝日新聞。



 これをアップにしてみよう。



 先日、自民党高市早苗議員の質問で外務省も明言したが、日本に徴用できた朝鮮人はたったの245人だった。
 韓国が言う「強制連行」とはこの徴用のことで、実際に日本に来た終戦時200万人ほどの朝鮮人は、ほぼ全部が自主的に日本に出稼ぎに来たもの&密航者である。
 彼らがすぐ強制連行という言葉を口にするが、全て嘘だ。そしてこの245人も自分の意思で日本にいると言っており、つまり在日は全て、自分達の意思で日本に来て、日本で暮らしているのである。
 在日に特別な配慮をする必要など無いのである。


 また、竹島についても、八道総図などに描かれた于山島を勝手に鬱陵島の東に置き換え、竹島の領有権を主張して博物館に展示したことに対しての記事。



 韓国側も置き換えを認めている。韓国側の竹島領有の主張が完全に崩れていることを示す。




真面目に韓国考察(資料編)に戻る

トップページに戻る
inserted by FC2 system