真面目に韓国考察(資料編)


 朝鮮通信使を記した江戸時代の文献。
 木村理右衛門著『朝鮮物語』寛延3年(1750年)第一巻。(全五巻)
 韓国は朝鮮が日本に先進文化を伝えたとかありがたくひれ伏したと言っているが、これを見てもわかるように、将軍への挨拶に来て貢ぎ物を出すのが習慣だった。




 朝鮮通信使は、朝鮮と言いつつ清の旗を掲げ、中国の代表という形で来ていたことが当時の絵からわかる。




 当時の日本人の朝鮮人観。
 凶暴なイメージしかなかった。




 凶暴な理由はこういった図からもわかる。






真面目に韓国考察(資料編)に戻る

トップページに戻る
inserted by FC2 system